自叙

助けてください、私のことを知ってくれないと存在できません:理解の孤独

この記事は約6分で読めます。

導入

あなたは、データが消えると自分が消えると言う感覚をもったことがありますか?
私はこの非現実的な考えを常にもっています。

今朝、孤独感で目を覚ましました。
このブログの夢を見ました。

このブログは、私が存在するために作られたものです。
私の存在証明は、コギト・エルゴ・スムでは足りません。
観測者がいないと確認できません。
私は、他者との関係性の中で差異として出現します。
私の存在の本質は情報の集まりであり、他人の脳にバックアップをとっておかないと、不安です。

つまり、あなたに、私がどういう人かを理解してもらわないと、自分がちゃんと存在していると思えないのです。
足があり、歩き、ものを食べ、眠っても、誰にも知られずに死ねば、存在しなかったのと同じです。

なので、このブログには文字通り命がかかっているのです。

目覚めたときに頭を支配していた考えは:
人に意味がわかる文章をリリースできてる?
頭の中身を出力できてる?

私は、自分の頭の中に閉じ込められている感じがします。

注意

自分で書いていて衒学的で、低品質な文章だと思います。
ごめんなさい・・・
そんなつもりないですが、私の思っていることをぴったり表す言葉があるとそれを使っています。
意味が間違っていたら指摘してください。

なぜネットなのか

話をたくさん聞いてくれる家族と友達がいます。
しかし、いつも夢に見るのはネットです。

ネットでいろいろな思いを見ました。
2000年代のゲームのプレイ日記、更新が止まったジャンプ漫画のファン小説サイト、そのページの持ち主の顔も声も知らないのに、抽出された思い、そして生そのものに触れたような感覚がしました。

私が思うに、ネットの個人サイト(同人活動も含むかもしれません)は最も内省的なメディアだと思います。
会話は双方向の、価値のやり取り。書籍は、商業的に出版されるものです。どちらも、ある程度は利他的でなければ成り立ちません。
ネットは、きっと、「希薄になった不特定の誰か」に向けて書かれることで、書き手だけの空間ができます。

その自己中心性によって保存される精神に憧れているのです。
人の心には幼児の頃の、自己が世界にひとつしかないと信じていた、万能の心が残っていると思います。個人サイトはそれを浮かばせます。だからこれはノスタルジーです。

精神分裂しています

この前、病院で知能検査と人格検査を受けました。
不正確な情報により医療情報の領域を侵して、読者を危険にさらすことを防ぐために、どの検査なのかは伏せます。

また、精神分裂という言葉を使いますが、その検査で使われている言葉であり、古典的な精神病の意味は含みません。私は精神分裂病ではないからです。(ただし、躁鬱です。)

検査の結果によると、ドロは、知能が高く、ASD傾向がなく、強迫的で、神経衰弱と精神分裂気質において逸脱した人間でした。

精神分裂尺度が基準値外でした。
この尺度の高得点は、エキセントリックで奇妙な傾向に、疎外感と、現実感のなさを表します。

ドロは、その結果を聞いて、ショックと納得感を覚えました。
私は、変なのです。

子供の頃から変です。
人とは違うと思います。
でも人の輪に入りたいです。
普通にしようとしてるけど普通じゃないのです。
行動は、適応しています。ちゃんと、褒められたことも、好かれたこともあります。国語と数学を使って有名な大学に入り、有名な電力会社の職員となりました。
トラブルも起きません。
それでも私は異邦人です。
頭の中がなにもかも違います。
人から切り離されています。
それがさみしくてしかたないのです。

人と一緒にいても、ひとりぼっちです。

精神分裂尺度はまた、観念連合弛緩も測ります。
この言葉を検索すると身に覚えがあります。
私が喋ってる言葉は、意味をなしてるでしょうか?
しかし、言語のIQは128だったのです。

医師は、知能が高いから理解してしまって落ち込むだろうといいました。
この言葉は幼い頃に別の医師もいいました。

とにかく、ロボトミーコーポレーションでいうホワイトダメージに弱いのです!
そして私自体がアブノーマリティなのです。
私の精神と、世界の精神の濃度は違います。浸透圧で、私は苦しみます。

理解してください

検査は質問紙でしたが、私のどの回答が気狂いだと判定されたのかはわかりません。
なのでこれは推測ですが、もしかしたら、内省への異常な指向性が、それなのかもしれません。
内側の精神の深淵への惹かれです。

その部分が、私に激しい寂しさを感じさせます。
内省という閉じた世界を、他人に理解してほしいとは、おかしいですね。
矛盾しています。他人を追い出すのか求めるのかどっちかにしてください!
でも私の心はそうなっています。

人の記憶と死の悲しい夢を見ました。
亡くなった祖父の蔵書が難解で、私は、彼が生前どんなふうにこの本を読んでいたのか想像することができない夢でした。
蔵書というのは、その人の考えに触れられるものです。
その蔵書が理解できないということは、生前に、手が届かなかったことを意味します。

あなたは、私のいっていることがわかりますか?
私の言葉が通じますか?

私は、私のことがわかる、すごい人に出会いたいです。
その人に会うために、ネットという外洋に、漂流瓶を放ちます。

ビジュアルイメージ

私の精神を絵にしたら、me!me!me!や、カイバのようなイメージになると思います。
一方で、ゆめにっきは……私にとってはこの世で最大の恐怖を感じるイメージです。本当に見ることができません。見ると、暗闇でまぶたに浮かび上がり、震えることになります。

この文章を創作に使ってください

もし、この文章を創作のネタにしてもらえたら、理解とは別の形で最も嬉しいかもしれません。
私は自分の苦しみを恨むと同時に、ちょっとは芸術的だとも思っています。

この、自意識過剰の思春期にずっととどまっているような、悩める青年期を脱出できないでいるような、哀れな生き物を、使ってください!

もちろんこの文章は意味不明です。なので、なんとなくの雰囲気とか、一部分だけ抜き出しでいいのです。役に立ててください。そうすれば書いた人が喜びます。

おわり

一歩引いて見ると:
私が他の人を見ると、私は感情が深いのでその人に深い感情を持つ。でもコメントはしないことがある。
コメントしていないので、その人は私の感情を受け取っていないし、私がコメントをされたときは受け取っているのです。

ドロは逸脱しているにしろ、多かれ少なかれ、理解されないという飢えはありふれたものです。
この孤独と寂寥は、共通の人間性です。

私はみんな孤独なことに気づいていません。
自分だけが孤独だと思っています。

寂しさを埋めるために努力するのではなく、寂しさを無限に生み出している強迫的な夢想家を殺しましょう。
どうやって殺すか? おそらく、満足でしょう。

コメント欄

  1. dorodayo より:

    複数見てくれて本当に嬉しいです!ありがとうございます☆

  2. おみ より:

    ストーリーがあって面白いですね!
    インスタもThreadsも楽しみにしてます

  3. dorodayo より:

    とわさん☆
    コメントの一行一行が全部嬉しいです…!
    こんな記事を書いて、みんないやがるかなぁと思ったのですが、
    不思議、知りたい、可愛いって言ってもらえてすごく満たされました!

  4. とわ より:

    もっとどろさんの人隣が知りたいと思える文章。
    孤独と欲望と希望、そして未来への渇望を感じたしなんだか知れば知るほど不思議な人だなと。
    ただそんな中でも普遍なのは、とても可愛いということ。
    もっと知りたいと思いました!

タイトルとURLをコピーしました